パソコン遊び〜中古ジャンクパソコンを再生〜

保証なし不具合歓迎。掘り出し物パソコンやデジモノなどをいじる日記。
<< TOSHIBA Dynabook TX/66CM プロードライザ問題 LINUXなら発生しない? | main | TOSHIBA Dynabook TX/66CM プロードライザ問題 Linuxでも再発 >>
普段使いのPCに最適なもの・・・壊してもいいやつにしておこう

知人にvaioのノートPCが好きな人がいる。

 

当然、仕事用でもそれを使って持ち歩いている。

 

先日、そのPCを見せてもらったが、あちこちに出張が多いからなのか、

かなりのダメージを受けていた。。

 

傷、汚れはもちろんのこと、トラックパッドのマウス左ボタン効かず。

タッチパネル仕様のため、どうにか使うことはできるが・・・

 

せっかくのvaioが・・・

 

vaioっていうのは、使い込んだイメージはそぐわないPCである。

 

傷やキーボードのテカリなんかなく、小奇麗でオシャレでなければならない。

そう思いませんか・・・

 

なので、日頃持ち歩くような、ハードな使い方をするPCはもっと固い作りの

PCが良いと私は思うのだが。

デザイン重視よりも、耐久性があってなんぼだ。

 

そういう点では、私は昔からTOSHIBAのノートが頑丈だと思っている。

先のTXシリーズみたいなのを除けば、そんなにヘボな作りなものはないような気がする。

 

Dynabook SS/RXみたいな超薄型は別だが、それ以外のものは基本的に

タフな作りだと思う。

 

PanasonicのLet's noteは個人的にデザインがあまり好きじゃないのと

実際そこまで頑丈なようには見えない。。

 

富士通はどうか?中古市場ではそこそこ見るが、一昔前の富士通ノートの

デザインはとても見れたものではなかった。

黒ベースの筐体に白のキーボードがダサダサであった。

最近は少しマシにはなったが・・・。

 

そんなわけで、持ち運びにはTOSHIBAをすすめる。


 

 

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| 共通 | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ubuntu10.jugem.jp/trackback/116
トラックバック