パソコン遊び〜中古ジャンクパソコンを再生〜

保証なし不具合歓迎。掘り出し物パソコンやデジモノなどをいじる日記。
<< NEC VersaPro VY10F/BH-LのHDDをCF化 | main | VY10F/BH-L Windows7化 ホームページ・ビルダー12の起動 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
VersaPro VY10F/BH-LをWindows7化
NECのビジネスノート「VersaPro VY10F/BH-L」を長年愛用してきたが、
WindowsXP SP3でメモリ512MBだとさすがに支障が出てきたので、思いきって
Windows7にしてみようと考え、実行した。

ドライバに関しては、XP向けのものが基本的に利用できる。
XPの環境で、「DriverMAX」などのソフトでバックアップしたドライバを使うもよいし
メーカー公式ページのドライバを利用してもよい。

グラフィックはMobility RADEON 7500で、32MBのグラフィックメモリを搭載。
この当時のPCとしては、性能のよいほうである。aeroは無理だろうと思ったが、
グラフィックメモリが一桁の低スペックPCでも一応、Pentium4以上のCPUであって
あとはメモリ次第でWindows7は最低限(快適かは別として)使えるレベルに動作出来る、
という経験則から、メモリ増設と同時にWindows7化を実施することにした。

まず、ヤフオクでこの機種向けのメモリを調達した。
DDR PC2700 200Pin S.O.DIMMが対応する。
メーカー公表では、メモリ増設に関しては
オンボード256MBに加え、512MB1枚の増設=768MBまでが対応とあるが、
バッファローのサイトを見ると、1.280GBまでいけるとある。

http://buffalo.jp/search/pcnew/index.php?id=46048&category[]=2&type[]=&form_name=memory&action_index_detail=true

こういうパターンもあるのだ。
そこでヤフオクでこの規格の1GBメモリを1200円で落札し、メモリ増設。
あっさり認識した。
まずXPでの動作は、軽すぎるほどに軽い。
XP向けのPCにWindows2000を入れた時のような感覚。
これならWindows7でも問題なしだろうと思った。

DSP版のWindows7を購入。
そろそろ市場からWindows7がなくなる・・・?



実際Windows7化してみて、全く快適に使用できている。もたつきもない。
Youtubeなどの動画再生が480Pだとややカクつくかな、というところ。
720P、1080Pは最初から無理だとわかっている。

ともかく使えるレベルに利用できる。

タスクマネージャはこんな感じ。



システムの評価は1.0。


しかし、部分的には高いスコアを示すものもある。
(※ハードディスクは交換済)




そしてドライバの当たり具合。
無線LANカード「WLI-CB-AG54」を利用しているが、
メーカーサイトのドライバインストールソフトではWindows7ではうまく
認識してくれない。

ドライバをインストールするソフトをXP互換で起動すると、一応認識する
ような動きをするが、WLI-CB-AG54」をこのVY10F/BH-Lに挿入すると
画面がフリーズ。(抜くとなおる)

そこで、このカードに乗っている無線チップそのもののドライバを捜すことにした。

http://obu.jugem.jp/?eid=62などによると、Broadcomのチップらしいことが
わかる。

いろいろ調べてインストールしてみたら、出来た。
でもどこから落としたどのドライバだったかを失念・・・。
ともあれ、正常動作するようになった。



あとは死んでしまってるバッテリーのリフレッシュに筐体の塗装か??

JUGEMテーマ:コンピュータ
| 共通 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ubuntu10.jugem.jp/trackback/110
トラックバック