パソコン遊び〜中古ジャンクパソコンを再生〜

保証なし不具合歓迎。掘り出し物パソコンやデジモノなどをいじる日記。
<< DROID X360でwifi位置情報 | main | VersaPro VY10F/BH-LをWindows7化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
NEC VersaPro VY10F/BH-LのHDDをCF化
数年来使用してきた、NECのB5ノート、VersaPro VY10F/BH-Lの ハードディスクが突然死んだ。 正直言ってけっこうハードな使い方だったと思うので、 よく持ったほうだと思っている。 そこでこの際、実験をかねて、手持ちのコンパクトフラッシュを HDD化して、WindowsXPをリカバリすることにしてみた。 コンパクトフラッシュをHDD化すると、疑似SSDのような感じで HDDより読み込みが高速化する効果が期待も出来る。 インストール。


ところが、起動が遅い。

しばらくするとこんな表示。


仮想メモリが設定出来ていない。


リムーバブルディスクとして認識してしまっていることが原因のようだ。


これが、ローカルディスクとして認識できればこの問題を回避出来る。 ソフトによっては、ローカルディスクにしかインストール出来ないものもあるので、この対処を実施。

Hitachi Microdrive Filter Driver(xpfildrvr1224_320.zip)を入手する
△海離侫.ぅ襪魏鯏爐掘cfadisk.inf をテキストエディタで開き、
%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,IDE¥*********************************
を追記。****************は、デバイスによって異なる。 レジストリでCFのデバイス名を確認して記載。
J埆犬完了したドライバを認識させる。






仮想メモリの設定もOK


4GBのコンパクトフラッシュしかなかったので、とりあえず最低限必要な環境だけ構築した。

下記、参考にさせていただきました。
http://blog.goo.ne.jp/address-amber/e/51c7bc94febec632d1f55abae5a49bb2
| - | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ubuntu10.jugem.jp/trackback/109
トラックバック