パソコン遊び〜中古ジャンクパソコンを再生〜

保証なし不具合歓迎。掘り出し物パソコンやデジモノなどをいじる日記。
<< BB13のIS01にCM4IS01を導入してライブ壁紙など組み込み | main | Android TV その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Android TV
面白そうなガジェットを入手した。

「Android TV」なるもの。


Androidが入った謎の黒箱である。

バージョンは2.2。TVなどにHDMI出力して使う。入力はUSBマウスとキーボードを接続できる。ネット等で見たところ、USB端子が2つあるブツもあるらしいが、これには1つしかない。そこでハブ経由で接続したがキーボードもマウスも問題なく動いた。(ちなみに有線)


ちょこっとアプリ追加。左右の大きいウィジェットはデフォで入っている。
ライブ壁紙、Yahoo!ファイナンスウィジェット、桜の暦Liteはマーケットから。
UstreamとPandoraTVなども入れてみた。
これだけでも十分遊べる。
外付けHDDやSDカード内の動画などを見ることも出来た。

しかし日本語フォントが入ってないので、書体がおかしいところなどもある。
そこで日本語フォントを入れよう→root化だ、という流れに。

こちらのブログを参考に。

マーケットからSuperuserアプリをインストールし・・・

参考URLにあるようにVISIONary+を拾ってインストール。


「Temproot on boot」にチェックを入れた。
次に「Temproot now」をタップ・・・

しかしここで問題が発生。

「USBデバッグを有効にしないと使えないヨ」

しかしこのAndroid TV・・・設定をほじくっても「USBデバッグを有効にする」項目が見あたらない。ロットによって仕様が異なるのか。さすが中華クオリティ。

でもここであきらめるのはまだ早い。


↑マーケットからアプリ「開発」を落としてくる。

このアプリは、USBデバッグを有効にする項目をダイレクトに表示してくれる
便利アプリなのである。

今回はこれを利用して、USBデバッグを有効化させる。


USBデバッグを有効にすることが出来た。
作者様に感謝。



VISIONary+で「Temproot now」を無事に実行できた。
あとは参考URLの通りに。



root化成功。

とりあえずここまで。
次に日本語フォントの追加処理をする。

| - | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ubuntu10.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
グーバーウォーク
feedping.net
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE