パソコン遊び〜中古ジャンクパソコンを再生〜

保証なし不具合歓迎。掘り出し物パソコンやデジモノなどをいじる日記。
中華スマホ A9000で遊ぶ

入手した中華スマホ、A9000のその後。

 

 

こんな感じにカスタマイズした。

 

 

TuneIn Radioの旧バージョン(デザインがこちらの方が好き)や

Razikoを入れてネットラジオ環境を。

 

また、YouTubeもちょっと前のバージョンを入れ、なんとか動くように。

 

その他いろいろ。

Mapも動作した。マーケットは繋がらないが。。

 

 

もともと入っているFMラジオも、エリアの1局だけ聞くことができた。

 

そして今回は「Mobile TV」を検証した。

こいつはどうもアナログテレビであるようだと思われたので

 

ファミコンの周辺機器「ジョイレーダー」を利用してみた。

これは、ファミコンの映像をUHF帯で室内で電波にして飛ばすものである。

ごくわずかな範囲(3M程度)しか飛ばないようだが、

これが本当にアナログチューナーなら、何かが映るはずだ。何かが。

 

 

おやおや?

 

 

だが、出力が弱いのか相性が悪いのかで、とてもプレイするには至らない。

普通のテレビにはちゃんと映るので、ファミコンやカセットの故障ではない。

 

一応映像も録画できるようだが。。

 

アナログ停波前に検証したかったものだ。

中国とかアジアではまだアナログテレビ観れるのだろうか??

 

※これはあくまで検証です。

電波の利用は適正に行うべきであり、違法利用を推奨しません。

 


 

 

| - | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
iMac mid 2007 El Capitan化成功

iMac mid 2007を無事El Capitanにした。

 

 

再起動してさらにインストールが進む。

 

 

ようこそ、El Capitan。

 

 

クリーンインストールでないと重いという記事をいろいろ見たが、

別に重くもなく、全然問題ない。

 

Lionと比べても特に遅くなった気はしない。


 

Macのソフトやアプリを初めていろいろ見ているが、GarageBandは面白そうだ。

こんなのが標準で無料で使えるというのはすごいことだ。

 

とりあえずあとは、LibreOfficeでも入れておこうと思う。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mac100% vol.24【1000円以上送料無料】
価格:1490円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)

 

 

| - | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
iMac mid 2007 OSなしからEl Capitanへの道程

Mac、それは高級なパソコンのイメージ。

 

パフォーマ、だったと思うが

ほか弁の懸賞キャンペーンにあり

当時小学生だった私はハガキを五枚くらい出したが

見事に当たらなかった。

だが、内心欲しいとは思っていた。

 

 

のちにiMacが出た。

SOTECか何かがソックリマシンを出したあれだ。

これもパンフは持っていた。

 

フロッピーディスクを取り出すのに

フロッピーのアイコンをごみ箱にドラッグするか何かだと言われたり

右ボタンのないマウス、日本語入力はどうやるのか?

よくデザイナーが馬鹿みたいに重いデータを

MOで開いたりしたり。

なんだこれは、と戸惑うものは多かったが、

そういうものなんだと理解した。

 

時は流れ、OSXになり、

IntelのCPUでMacは動作するようになった。

少しした頃、WindowsマシンのVMWareでOSXが動いた夢を

見たような気もしたが、夢は夢で実用には遠かった。

 

そんな私がとうとうMacを手にした。

 

ジャンク。iMac mid 2007。

C2D、2GHz。

メモリは2GB

(と書いてあったが、実は4GB積んで

あったのが後でわかった。)

HDD 250GB。

 

付属品なしだが、外見は美品。

電源はセルフ確認でOK。

 

重要なのはOSなしだが、

入手自体は普通に買えるもので、

とりあえずはなんとかなると踏んだ。

 

ただ早速はまったのがOSインストール。

COMMAND キーを押しながらとかあるが、

うちにはWindowsのキーボードしかなく、そんなキーはない。

それらしくWindowsキーかなんか押せばいいんじゃないかと

押したのが良かったのか、必要なかったのかは知らないが

とりあえず入手できた

Mac OS X Lionがインストールできた。

 

 

Safariはバージョンが古いかなにかで

見れないサイトなどあり、Chrome導入。

 

YouTubeを見た。

 

 

映像の美麗さに感動した。音も良いと思う。

普通にこのままでもいいやと思っていたが

 

メモリ4GBに気付き、欲が出た。

 

OSのアップデートだ。

2GBモデルでは重くて話にならないとかの

声をネットでかなり見たが、

4GBもあればいいだろうと。

 

ただしこのモデルは10.11.6 El Capitanまで

であり、最新のものには出来ないようだが

それでも良かろうと。

(パッチ当てれば動くとか、対応モデルで

インストールし、HDD移植したら動くとかは

あるらしいが)

 

で、さらにはまる。

El Capitan をApp Storeから拾おうとしたら

AppleIDの認証がコケる。

 

AppleIDに請求情報でカード番号入れたら

いけるようになるなどあり、

ひととおり試したが、やはりダメ。

 

結局薬局、iTunesを最新にしろ的なことらしい。

 

手動でiTunes 対応バージョンを

拾ったりしたが上手くいかず。

 

しかし何回かソフトウェアアップデートをやるうちに、

どうやら最新に出来た。

 

さらにそれから、iTunesへログインして

色々入力して

ようやく、下記を拝めたのである。

 

 

しかし、落ちてくるまでが長い。。

 

WiFi接続だからなのか、元々遅いのか。。

 

そういうものなのだと思い、気長に待っている。

 

| - | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
謎のAndroid端末 A9000

下記の記事で紹介されているものと同一と思われる

Android端末を入手した。

 

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/086/86207/

 

思ったより大きい!

 

 

Android2.2であるようだ。

モデルナンバーは「e1063」?箱には「A9000」とあったが。。

 

 

アプリ一部。Documnts to Goはテストで入れてみたもの。

FMラジオは起動後すぐに落ちる。左上のアンテナを伸ばしたらそれがトリガになるのか

と思ったが、違うようだ。。

 

ヘッドフォンを刺して見ると、動作した。

FM87.5〜108.0MHzが入るが、残念ながらどこに合わせても受信しなかった。

周波数帯域が違うのだろう。。

 

あと、無線LANのつかみが良くない。

 

 

この端末は、デュアルSIM対応とキーボードが売りなのだが、

SIMは2Gでしか使えない。

 

キーボードの使用感はそこそこ悪いものではない。

片手で打とうと思えば打てなくもない。

 

そのため、使い道という点でどうするか。。

最新のカスタムロムでも動けばいいけど、当然そんな情報など、ない。

メールやツイッター、ちょっとしたソース作成には、いいかな。。

 

引き続き情報解明をすすめる。


 

| - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOSHIBA NB205 Win7とAndroid7.1デュアルブート化

NB205(Dynabook UX 海外版)にAndroidをインストールしてみることにした。

また、Windows環境も必要なのでデュアルブート環境に取り組む。

 

もともとは、Win7Starterの英語版が入っていて、そこからWin10にしていたが

最初はよかったがアップデートのたびに重くなっていた。

 

メモリを2GBにしたものの、それでも支障が出ていたので、

この際、7をクリーンインストールして速度改善を図ることにした。

 

Win7Starterをクリーンインストール、これには難なく成功した。

 

 

Windowsアップデート後のパフォーマンス状況。

軽快である。なんら問題はなく、10の時のような重さは感じない。

 

その後、パーティションを区切って、Android-x86 7.1のインストールへ。

 

ここではまったのは、ext4とNTFS、fat32からフォーマットを選べるのだが

結局、fat32にしないと起動しなかった。

 

また、ユーザデータ領域については、標準の512MBだとアプリなどをインストール

するとすぐに不足する。おおむね、1GBは必要になる。

 

そこで、今後のことも考え、10GBを指定した。

そこまでしておけば実用上問題はない。

 

軽快なデュアルブート環境が完成したので、これで利用していこうと思う。

| - | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
Android-x86 7.1 on TOSHIBA NB205

x86 PC でAndroidを動作させるプロジェクト「Android-x86」で

Android 7.1が出ていた(だいぶ前だが…)ので、TOSHIBAのネットブックNB205で

動作させてみた。

 

NB505はdynabook UXの海外版である。

 

とりあえずUSBメモリからのライブ起動。

動画再生のスペックは低いので、そこは無理だが、普通に常用できるレベルである。

 

 

カメラがフリーズする、スクリーンショットが動かない等は、おそらくストレージへの

アクセス権限が理由だと思うので、HDDにインストールすればなんとかなるのではないかと思う。

 

壁紙変えたり、アプリ入れたりなどして環境を少し作ってしまったので

データが残らないのは残念な気もするが・・・。

 

 

 

R2版というのもあり、すでに入っているWin10とのデュアルブートにはちょっと抵抗はあるのだ。。

Win10がやや重いのがあるが、モバイルのWin環境もなくせないのである。

 

とりあえず電源を切りさえしなければいいので、当面そのままにしようか。。

 

別途、家庭内のファイルサーバとしてはAndroid-x86の6.0にアプリ「SAMBADROID」を入れて

利用している。有料版であればパスワードも設定できるので、これはこれで重宝している。

C2D世代のPentiumDualCoreのIBMデスクトップ(ジャンク再生品)を使用。

これはほぼ24H稼働しっぱなし。

 

家にあるAndroid端末、いくつめだろう。。。

 

結局のところ、Word、ExcelもAndroidでもアプリがあるからいいのだが、

IllustratorなどのAdobeソフトが動かない、この点が常用上の課題である。

 

WineのAndroid版ってどうなったんだっけ??

 

Android-x86

http://www.android-x86.org

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| - | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
android端末収集 その2

収集物、その2。

 

TOSHIBA A204YB

 

 

Yahoo! BB専用モデルである。

回線契約のセット売りされるタブレットで、電源まわりで問題ありと

されるレビューが多い。

スリープから戻らないとかだ。

 

入手した端末もそのような注意書きつきでジャンク。3000円。

じゃんぱらにて。

しかし使用感ゼロに等しい美品であった。

恐らく前オーナーは素人同然で投げ出したと思う。

 

どうにかなれば儲けものだと思い獲得。

たしかにスリープになると電源OFFにしない限り復帰しない。

 

調べてみると、アップデートは全くされていなかった。

 

アップデートやってみたところ、、

全く不具合はなくなったではないか。。

 

まあまあ性能もいいので常用中。実にいい買い物をした。

 

 

 

YinLips YDPG19

 

ゲーム機の形状をしていて、どこかの端末にそっくりなタブレットである。

以前、似たようなDroid X 360というモデルを持っていて、このブログでも紹介したが

手放してしまった。

 

そこで今回、コレクションに加えたもの。

 

PS1のゲームエミュレータがボタンで動作できる。

ゲームはそこらへんのブックオフで有名どころのタイトルが100円でも買える。

 

しかし、Droid X 360に比べると作りがチープである。

動くからいいけど。。。

 

 

 

| - | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の収集物 android端末

今年になって色々端末を収集している。

また一方で、不要と思ったら売ったりもしている。

 

基本的には、いざとなったら「売れる」ものしか集めないことには

している。中にはそうでないものもあるが、高いものには手を出さないので

フィギュアかプラモデル収集みたいな、おっさんの些細な趣味である。

 

記憶をたどっていく。

 

SAMSUNG  Galaxy DUOS Y

 

 

QWERTY端末が欲しくて獲得した。

近所のじゃんぱらで6000円。

安定感のあるフォルムと動作ではあったが、OSが古かったのと

QWERTY端末も実用性ではやや難があった。

結局、知人業者に買値でそのまま売却してしまった。

悪くはない品物だったが・・・

 

IS02

 

 

これもデザインはいいと思った。だけどWindows Mobileでなく

androidが動いてくれたら・・・と。

ブラウザが古すぎて表示がままならない。

RDPで家の中でWindowsマシンに接続して利用することは出来るので

なんちゃってWindows10モバイルのようにして利用している。

何かしらもっと使い道がないものか。

ヤフオクで1500円。

 

P-01D

 

「ポイド」とも呼ばれ、ネットではそれなりに使い道が示された

玄人に人気の端末。

入手は昨年だったか。新古品を獲得。たしか3000円ほど。

有志の方がカスタムロムを作成してICSにもできるらしいが

カメラが動かないのとワンセグが使えなくなることから、

単にroot化してドコモ製の不要なアプリを徹底削除することのみに

とどめた。

また、形状がSONYのウォークマンFシリーズにも似ていることから

ウォークマンとして利用している。

ミニサイズで、色合いも気に入っていてなかなか使える。

 

True SUPER4

 

 

こちらはタイで売られているガラホである。

android6.0を搭載している。

知人にタイで購入してきてもらったものである。価格は日本円で1500円で

あるから恐ろしい。もちろん新品である。

ただし、タイのTruemoveのSIMしか使えないようにロックがされている。

それゆえの安さであろう。

しかしそれでも、安い。

GooglePlay利用不可、アプリインストール不可のガチガチぶりで、

色々調べて試してもみたが、結局解決はできていない。

どうもタイ語、英語圏のサイトをみてまわると、SIMロックは解除できる

ふうなのだが・・・

現地販売店では、日本でdocomoで手続きすればつかえるらしいことを

言っていたそうだが、それは基本ありえない。

日本でもTruemoveのローミングSIMを利用することで、docomo網で通信が

可能らしい。

 

LG G3 D855

 

 

ヤフオクでジャンクを購入した。液晶不具合。

一応カスタムロムを導入して、現在はlineageOS CRdroidが動作しており

android7.1.2で動作している。

液晶不具合さえなければ、そこそこのスマホとして最新OSも動作できる。

正常に動いているときは液晶もきれいで画面も大きく、いい感じなのだが・・・

android 8.0のカスタムロムも出ているらしい。

とにもかくにも、液晶不具合(たまにスリープ同様真っ暗になる)を

直さねば・・・。

たぶん液晶パネル交換すればなんとかなると思っている。

費用的には4000円程度でパーツが手に入るので、それをやれば。。

だが、忙しくて時間がないので放置状態。。。

lineageOS、いい。最初はGoogleアプリは入っていない状態だが、無駄なく

シンプルな構成になっている。

必要に応じて自分でGappsを入れれば普通に使うことができる。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| - | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOSHIBA Dynabook TX/66CM プロードライザ問題 XPなら問題なし!

TOSHIBA Dynabook TX/66CM。

 

この系統のモデルは、プロードライザに欠陥を抱えており、

動作不能になる問題を抱えていることは以前触れた。

 

このマシンは結局その後この問題が頻発したため、しまっていたのだが

ふと思い立ち、適当に2000かXPでも入れてみるか、と考え、

それぞれインストールディスクを引っ張り出してきてインストールしてみた。

 

まず2000。

Win7や10では、インストール中にもう操作不能になっていたのが

CDブートからのあの青い画面でのインストールは完走した。

 

あれ?

 

ただ、再起動したところ、何かファイルが読み込めないか何かのエラーが出て

その後の部分は動作せず。

 

次にXPを試した。同様に進む。

 

今度はその次のプロダクトキーを入れるところ以降もすべて完走し、

XPが無事起動。。。。。

ドライバは当然あたっていないが。

 

そしてしばらく放置してみた。

8時間ほど。

 

・・・落ちない。

 

もしかして問題なし?

そう思って、とりあえずいろいろソフトを入れたり、ドライバを入れたりしてみた。

 

TOSHIBA Dynabook TX/66CM の

Win7用のドライバを東芝サイトから落としてきたが、当然動かないので、

exeを解凍して、中身のドライバだけをインストールすると、サウンドドライバだけは

適用できて音が鳴るようになった。

 

グラフィックはドライバが当たらないが、1280x800の解像度で表示もできた。

 

オンボードLANのドライバも当たらないので、USBは使えたので

とりあえず無線LANの子機アダプタを刺してネットに接続もできた。

 

 

その後いろいろしてみたが、落ちない。

 

どうやらXPだとプロードライザの部分を使わないのか、問題ないと見られる。

7や10を入れたときも、DVDブートする部分では落ちなかった。

詳しくはわからないが

OSのカーネルの部分で何か関係するところがあるのかもしれない。

 

サポート切れではあるが、変な利用の仕方さえしなければ、使い物にはなりそう。

わからないものだ。

 

TOSHIBA Dynabook TX/66CM を持っていて捨てようかと思っている人が

いたらぜひ試してみて欲しい。

 

スペックについては、Core2 T5500 1.66GHz

メモリは4GB→認識は3.24GB。

 

 

ネットに繋がないとしても、少なくともワープロぐらいにはなる。

 

ブラウザはXP対応のものが減ってきていますが、Chrome系ならベトナム製の

coccocなら動く。

 

YouTubeもAbemaTVも視聴可能。

 

似たクラスで、ちゃんと動くのがいいという人は、こんなのを自分で

買ったほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| 共通 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOSHIBA Dynabook TX/66CM プロードライザ問題 Linuxでも再発

昨日、TOSHIBA Dynabook TX/66CM にLinuxLite3.0を入れて、

24時間PCをつけっぱなしの状態で置いてみたが、何も問題は起きなかった。

 

問題なかったので、そのまま環境をいろいろ整えて作業などしてみた。

これも問題なく軽快に動作していた。

 

で、シャットダウンして外出し。先ほど帰宅して電源を入れてみた。

バッテリーはあまりもたないが、ACを接続せず起動→問題なく起動も

バッテリー残量が少ないので省電力モードに入る、と出たとたん

スリープになり、復帰させようとしたら、

 

再発。

 

画面が乱れ完全に操作不能に。

 

ACをつなぎ、

 

電源ボタンを長押しして強制シャットダウンしようとするも、うまく行かなかったのか

再度電源を入れても前回の画面が表示され、やはり画面が乱れ操作不能。。。。

 

再度電源が完全に切れるよう電源をもっと長押しして、再起動。

 

今のところ問題なし。

 

・・・多分問題ないと思う。

 

よくわからないが、これって電源が不安定になった時に何らかの影響があるのではなかろうか??

 

プロードライザというものは詳しくはわからないが、本当にそれが問題なのかも、

バラして見てないのでなんともわからないが、電源不安定時になんらかのおかしな挙動をする。

少なくともそうじゃないかとは感じる。

 

 

壊してもいいように、このPCは基本的にWeb上の操作と、ファイルサーバに

データを保管するか、宅内のWindowsPCにリモートで入って使うシンクライアント的な用途で

いけば、作業に支障はない。

 

そうまでして使うのか、って話だが、使い方の問題でしかないし

別に自分が満足しているからそれで良いやと思っている。そうでなければジャンク遊びなどできない。

 

ヤフオクなんかに出して売ると、落札者から文句も出そうなので、それは難しいだろう。。。

 

PCスペックは以下。

 

-Computer-
Processor        : 2x Intel(R) Core(TM)2 CPU         T5500  @ 1.66GHz
Memory        : 3348MB (861MB used)
Operating System        : Linux Lite 3.0
User Name        : linuxlite (linuxlite)
Date/Time        : 2017年05月01日 03時27分23秒
-Display-
Resolution        : 1280x800 pixels
OpenGL Renderer        : Mesa DRI Intel(R) 945GM x86/MMX/SSE2
X11 Vendor        : The X.Org Foundation
-Multimedia-
Audio Adapter        : HDA-Intel - HDA Intel
-Input Devices-
 Lid Switch
 Power Button
 Power Button
 AT Translated Set 2 keyboard
 Video Bus
 SynPS/2 Synaptics TouchPad
 Toshiba input device
 HDA Intel Mic
 HDA Intel Front Headphone
-Printers-
No printers found
-SCSI Disks-
ATA WDC WD1600BEVT-2
MATSHITA DVD-RAM UJ-850S
 

 

ちなみに下記は稼働状況のスクリーンショットである。

 

メモリ使用量はたったの897M、CPU使用率はなんと10%に満たない。

 

軽快そのものである。

 

 

 

 

Ubuntuが普及しだした頃からこの手の本は出てきたが、

最近は素人にも使いやすいLinuxが増えてきたし、ほとんどWindowsと変わらない感じで使えるようにも

なった。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

初めてでも使える!Linux超入門 [ 日経Linux ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| 共通 | 03:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
グーバーウォーク
feedping.net
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE